会社沿革

2002年4月 テクノロジーシードインキュベーション株式会社設立(資本金4,000万円)(京都市中京区)
2002年10月 資本金を7,500万円に増資
2003年4月 資本金を1億1,553万円に増資
2003年11月 本社移転(京都市中京区)
2005年3月 資本金を2億7,453万円に増資
2005年3月 株式会社イオン工学研究所(現イオンテクノセンター)を買収
2005年3月 大阪デジタルコンテンツファンドの運営支援受託(ジャイクシードキャピタル殿から受託)
2006年12月 東京事務所を開設
2007年9月 JMSeed Bio Incubation壱号投資事業有限責任組合(JMSEED)の運営支援受託(ジャイクシードキャピタル殿から受託)
2007年12月 本社移転(京都市下京区)
2008年6月 株式会社イオン工学研究所を株式会社イオンテクノセンターに改組
2008年10月 東京コンテンツインキュベーションセンター(TCIC)オープン(東京都から受託)
2009年3月 株式会社エーディエス(ADS)を買収
2011年2月 沖縄事務所を開設
2011年3月 沖縄文化等コンテンツファンドを設立
2013年12月 歯科医院向け情報事業を買収し、サンテメディカルソリューションズを設立
2014年2月 京都クロスメディア・クリエイティブセンター(現京都クロスメディア戦略推進拠点)を開設(京都府殿から受託)
2014年5月 京銀リース・キャピタル株式会社殿と共同GPできょうと農林漁業成長支援ファンドを設立
2015年4月 大阪デザイン振興プラザを運営開始(ATC殿から受託)
2016年4月 ATCグリーンエコプラザ、エイジレスセンター運営開始(ATC殿から受託)
2017年1月 Startup Hub Tokyoオープン(東京都殿から受託)
2017年3月 株式会社ツクリエを子会社化
2018年4月 かわさき新産業創造センター運営開始(共同事業体で運営、川崎市殿からの指定管理)
2018年4月 嘉手納町マルチメディアセンター運営開始(ツクリエ、嘉手納町殿からの指定管理)
2018年5月 グループ初の自主スタートアップ支援施設「Ogyaa’s梅田」オープン(ツクリエ)
2018年6月 ティーエスアイ株式会社(当社)設立
2018年7月 神戸起業操練所運営開始(ツクリエ、神戸市産業振興財団殿からの受託)
2018年9月 テクノロジーシードインキュベーション株式会社をInnovation Factory株式会社に社名変更し、持株会社化
ティーエスアイ株式会社(当社)からテクノロジーシードインキュベーション株式会社の主要事業を吸収分割