投資事業

TSIでは自己投資のほか、ファンドでの投資を行っています。
経営メンバーは前職時代を含め数多くのベンチャー投資ファンドの運営経験があり、TSIでは業界特化型ファンドを運営しています。


 

TSIの投資哲学

1.事業育成・ベンチャー投資の原理原則に則った投資

 

(1)バランスのとれたチーム

事業を行う上では、そのステージに応じた運営メンバー(経営チーム)構成は重要なポイントとなります。
TSIでは、そのプロジェクトリーダーや経営者の可能性を見極めて投資を行います。

 

(2)事業の可能性

事業の可能性は、その分野の顧客候補や技術者に確認することが重要です(プレマーケティング)。
TSIでは様々な分野の経験者ネットワークにより事業の可能性を目利きしてまいります。

 

(3)事業の将来構想

グローバルな展開が可能であったり、大きく成長するなどのインパクトのある事業構想を運営メンバーと共有できるか、ということは重要です。
TSIでは将来構想を運営メンバー(経営チーム)と共有し、将来性のある・社会的に価値のある・夢のある事業への投資をしたいと思っています。

 

2.ベンチャーキャピタルにはないハンズオン

(1)実業意識の共有

TSIは子会社で事業会社を再生・創業してきた経験があります。
投資案件に対して、数値的なモニタリングだけを行っていても成長支援とはなりません。
また、役員派遣をしてもそれがモニタリングの延長では同様です。
TSIでは経営実務を行ってきた経験者が事業のステージに合わせて、運営チームに伴走いたします。

 

(2)様々な種類のハンズオン

経営・技術開発・事業化をしていくうえでは様々な種類の支援が必要となります。
資金調達・技術提携・販売提携・研究開発探索・経営管理など、TSIでは様々なハンズオン支援のできるネットワークを構築しています。

 

3.TSIの投資対象分野

「ライフサイエンス・ヘルスケア」「半導体・機能性材料」「ICT・コンテンツ」

TSIのファンド一覧はこちらから>>

投資先はこちらから>>